今回は私が試した中で最も簡単にYouTube Contents IDにビートを登録する方法を教えます。

結論から言うと、

Airbitという海外のビート販売サイトサービスを利用することです。

メリットは、TuneCoreのようにビートを「ストリーミングサービス」に出すことなく、いち早く(ほぼ即日)ビートをYouTube Contents IDに登録することができます。

極端な話をすれば、Airbit側ではビートを「非公開」にしたままYouTube Contents IDに楽曲を入れることもできます。

デメリットとしてはAirbitというビート販売サイトの有料プランに契約する必要があります。つまり料金がかかるということです。

またもう一つのデメリットとしては、もしあなたがBASEやShopify等の日本語でのビートショップを既にお持ちなら、

Airbitを契約することで、二重でストア運営をすることになり、ストア運営・管理が大変になるということですね。