トラックメイキングをしているうちに、あなたの中で色々と質問が出てくるはずです。

小さな質問から大きな質問まで色々とあるとは思いますが、このように何かに取り組んでいるときに出てくる質問っていうのは、すぐに人に聞いてはいけないんですよ。

あなたにもしメンター(先生)がいたとしたならば、その人に聞けば答えを丁寧に教えてくれるかも知れません。しかし、その人に安易に何でも質問して答えをもらおうとするのはあなたのためになりません。

確かにメンターに聞いて、答えを教えてもらえば失敗を最小限に抑えてショートカットできるかも知れません。しかし、人生っていうのは安易なショートカットをしたら必ずまたどこかで大きな壁にぶち当たるようになっています。(ショートカット自体がいけないわけではありません。安易なショートカットをしようとする思考がいけないのです。)それはなぜかというと、人に聞いた答えを自分で裏付けをせず盲目的に信じてしまうと、自分で考えるということをしなくなるからです。自分で裏付けをするという行為は、レベルアップするには必ず必要になると覚えておいてください。

ただ、全く質問してはいけないかというとそうではありません。質問はしても良いです。でも質問するのは色々と自分で調べた後にしてください。自分の足で行動してみたけれど分からないという状況になって初めてメンターにアドバイスをもらうという形にしましょう。なぜならそういうときにあなたの口から出てくる質問というのはとても「鋭い」質問だからです。色々とリサーチしたことが質問の随所に現れます。

行動せずに答えだけ知ろうとする場合、質問の内容が非常に「甘い」です。どういうことかというと、「この人は自分で調べようとしていないな」と聞いている側にもすぐにバレてしまうということです。つまり、質問の内容だけであなたのレベルや思考回路がどうなっているかが分かってしまうのです。

鋭い質問をする人は努力を重ねてきた人です。自分で調べて見つけた答えはあなたの経験値として心と体に刻み込まれます。甘い質問をする人は安易にショートカットしようとする人です。人から聞いた答えを盲目的に信じることは思考停止に陥ることになります。「鋭い」質問をするか、「甘い」質問をするか、この思考の違いが後に大きな違いとなって返ってきます。

ですから、人に質問する前に「まずは自分で答えを見つけてみる」ことを意識しましょう。