多くのサイト運営者は過去に書いた記事をあとから書き直すのは邪道だと思っているようです。

しかし、そんな話は一切無視してください。

独自ドメインで運営するサイトやブログはあなたの財産ですから、あなたが財産をどう扱おうがそれはあなたの勝手なのです。記事をあとから書き直すのはダメなんて、そんなルールはありません。

むしろ、書き直したいならどんどんやるべきなのです。あなたが正しいと思うことは迷わずにやりましょう。

たとえそれが意見を変えることになろうともそれがいまのあなたにとって正しいのならやりましょう。

大切なのはスピードです

サイトやブログの世界では、独自の切り口で記事を公開していくことはとても大切な事です。しかし、記事の内容を「極める」ために何日も何日も何日もかけるくらいなら、「まずはアップする」という思考が大切です。

人は文章を書けば書くほど成長していきますから、時間が経ってから昔の記事を読み返したら恥ずかしくてたまらなくなるはずです。ですから、完璧な文章を最初から書くという事はそもそもできないのです。

質を気にしている暇があるのなら、まずは公開していかないと一生が終わってしまうのです。下書き保存されている記事は世の中に出回っていないので、すべて机上の空論です。そんな机上の空論なんかにしがみついていても何の意味がありませんので、記事は公開していきましょう。

ある時期が来たら、過去記事を読み返していき、そのときに書き直していけば良いのです。もちろんメンテナンス(過去記事の書き直し)をしながらでも、新しい記事はどんどん書いていく(足を動かすのをやめない)ことが一番効果的です。

まとめ

何か公開していればそれは随時直していけるけれど、何もなければ直していくことさえできません。完璧を求めるのはやめて、まずはアップしたあとに、どうすればより良くすることができるか考えることにしましょう。