に投稿 コメントを残す

ビートリースはいつか死ぬのか?

これはどの業界にも起きていることだとは思うのですが、

色々と開拓が進めば、競技人口が増えていきますね。

それにより市場が飽和していくというか、

分かりやすい見方をすれば平均化が起きるわけです。

少数の人だけが極端に儲かるという状態から、平均化が起きてくるということです。

じゃビートが埋もれる人が出てきて、ビートが売れない人が出てきて、市場から退場する人も出てくるのかというと、

それはそれで出てくるとは思います。

でも、ビートが売れなくなったら、ビート制作及び販売をやめるのかというと、そういう人もいるでしょうけど、

別のやり方で生きていく人も増えていくと思うのです。

別の業界で言えば、「YouTubeで一時食えていた人が食えなくなった時に、彼らは自分の媒体を始めて、そこから自分だけの村を構築して生き残っていく」というイメージです。

同じようなことがビート販売の世界で起きるのではないかなと思います。

BeatStarsAirbitで売れなくなっても、そこから自分の媒体を始めて、自分だけの村を構築して生き残っていくといった感じです。

大きく売れるというわけではないけれど、

自分の村があれば、その中で幸せに生きていけるという感じです。

ということで、

ビートリースがいつか死ぬのかどうかを心配する必要はないということです。

結局は人がコミュニティを構築するわけですから、

BeatStarsのような大きな媒体の中で生き残っていく時代から出て、小規模の村がそこら中にできていくような時代に移行していくだけのことなのです。

コメントを残す