あなたのファンからしてみると、あなたがどれだけ時間をかけてミキシングしたのか、どういうこだわりを持ってミキシングしたのかという裏話は届きませんし、残念ながら興味がありません。

結局はあなたがファンに提供したものがあなたの全てなのです。

彼らがあなたの曲を好きであれば、聞く。

彼らがあなたの曲を好きではなければ、聞かない。

それだけシンプルなことなのです。

ファンがどう思うかをコントロールすることはできませんが、ミックスのクオリティに関しては努力次第で良くすることが可能です。

音がクリップしていない事はもちろんのこと、どんなデバイスでも良いミックスが聞けるのか、今一度チェックしてみてください。

だからと言ってミキシングに時間をかけすぎてもダメ

ミックスのクオリティが全てだと思って、今度はミックスに時間をかけすぎるのも良くありません。あなたのパソコンの中にある音楽は公開していかないと意味がありません。公開していない「下書き」状態のものはゴミ同然なので、どんどん公開していきましょう。

まとめると、ミックスのクオリティを上げていくのは大切なことなんですが、それよりもより多くの行動を取っていくというマインドはさらに大切ということです。