マルチバンドコンプレッサーは別名、帯域別コンプレッサーとも呼ばれています。

多くの場合、マルチバンドコンプレッサーはマスタリング時に使うエフェクトです。

EQとはまた違う処理方法で、音質や音圧を同時に調整していきます。

EQは特定の帯域のゲイン(音量)をブースト(増幅)したりカットしたりして、全体的なバランスを整えていくエフェクトです。

マルチバンドコンプレッサーはゲインを上げたり下げたりするだけではなく、特定の帯域にだけコンプレッサーをかけて音を圧縮することで、音のバランスを整えていくことを得意としています。

マルチバンドコンプレッサーは主にマスタリング用

ミキシングが既に行われていて、再度ミキシング作業をすることができないファイルをマスタリングするときはマルチバンドコンプレッサーのコンプレッサーの機能を使って無理やり音のバランスを変えていきます。

マルチバンドコンプレッサーの方が手軽に音のバランスを変更できるので、マスタリングエンジニアの間では人気はあります。しかし、ミキシングを再度行える状況ならば、マルチバンドコンプレッサーのコンプレッサーの機能は使わないで、再度ミキシングから行えばもっとキレイに音のバランスの変更が可能になります。

ですから、マルチバンドコンプレッサーはどちらかというと、ミキシングが行えない状況になったときに使うマスタリング用のエフェクトであるというのを覚えておいてください。