リミッターやマキシマイザーというエフェクトでコンプレッサーの一種のプラグインがありますが、コンプレッサーとは使い方が違います。

コンプレッサーは音量の変化を縮小させるもの(ダイナミックレンジを圧縮する)ものに対して、リミッターはある決められた値以上の音量を完全にカットしてしまうものです。そして、マキシマイザーは音のニュアンスを保持したままなるべく音圧を上げるために使用されます。

リミッターとコンプレッサーは設定した閾値(しきい値)に強制的にカットしてしまいます。つまり、図で言えば無限:1のレベルです。

リミッターとコンプレッサーは音作りのためというよりも、音がクリップしないため、または音が割れないために使用されることが多いです。

ですから、エフェクトの順番で言えば、リミッターは大体最後にかけることになります。