フランジャーとは数msから十ms(msはミリ秒のこと)くらいの短いディレイ(遅れた音のこと)にLFOをかけ、原音とミックスすることでジェット機の音のようなうねりを作り出すエフェクトです。

フランジャーではLFOを使ってディレイ・タイムを連続して変化させるからジェット機のようなうねりが出るんです。

フランジャー用語

フランジャーを使うときには専門用語をよく使うことになるので、下記の用語だけでも覚えましょう。

Rate(レート)

うねりの速さを決める設定です。LFOを使って音を揺らすので、単位は基本的に単位はHz(ヘルツ)を使います。
LFO(Low Frequency Oscillator)とは主に人間の可聴域よりも低い周波数の波を発振させる装置で、音程が周期的に変化するビブラートの効果を得ることができます。

Depth(デプス)

うねりの深さを決める設定です。

Delay Time(ディレイ・タイム)

ディレイの間隔を決める設定です。エフェクトによってはパラメーターとして存在しない場合もあります。ディレイ・タイムを短くするとフランジャーの効果は高音にかかり、ディレイ・タイムを長くするとフランジャーの効果は低音にかかります。

Feedback(フィードバック)

エフェクトで処理された出力音を回路の入力に戻すことをフィードバックと言います。フィードバックの設定ではフランジャーの癖の強さを決めます。

Mix(ミックス)

ドライとウェットの設定です。

まとめ

よく見てみると、フランジャーとコーラスは原理が酷似しています。

ですから、細かく設定できるコーラスではフランジャーに似たサウンドを作ることができ、逆に細かく設定できるフランジャーではコーラスに似たサウンドを作ることができます。

フランジャーとコーラスの主な違いとしては以下の二つです。

1. フランジャーは数msから十ms以内の短いディレイ音を使いますが、コーラスは数十ms程度の、フランジャーよりは長いディレイ音を使います。
2. フランジャーにはフィードバックという設定がある。