DC Offset(DCオフセット)とはボーカルなどの音を録音するときに、波形が0の位置からズレてしまうことを表します。

音の波形は0を中心として+と-に振動しますが、使用する機材の状態によっては中心が0からズレてしまうことがあります。

こういう状態のことを「DC Offsetがある」という言い方をします。

なぜ中心からズレてしまうのか

波形が中心からズレてしまう原因は、直流の成分が混ざってしまうからです。音の波形が+と-に振動する普通の波形を「交流」と言いますが、この波形に対して「直流」の成分が混ざってしまうと、中心からズレ、片側に偏ってしまうのです。

直流はあまり手入れの行き届いていないコンデンサーマイクなどから混入しやすいので、マイクで録音する場合はDC Offsetに特に注意してください。

DC Offsetがある波形をそのまま使用するとノイズの原因となったり、(音が偏っているせいで)ダイナミックレンジが低下し、本来よりも早くクリッピングを起こしてしまうという問題が発生します。

たとえば、下記のサイン波形を見て頂くと、0から上にズレていることが分かります。

多くの波形編集ソフトにはDC Offsetを除去する機能があるので、それを使うと0を中心に戻すことができます。

波形編集ソフトでDC Offsetを除去する方法

Audacityなどの波形編集ソフトを使えば、音源からDC Offsetを除去することができます。

多くのDAW(音楽制作ソフト)でもDC Offsetを除去できますが、ほとんどの場合DC Offsetは録音時に行いたいので、波形編集ソフトで行う場合もあると思います。

Audacityでやる場合、Effect->Normalizeを選択し、”Remove DC offset (center on 0.0 vertically)”にチェックを入れてOKを押します。

DC Offsetの除去だけをしてノーマライズはしたくない場合には、その下の”Normalize maximum amplitude to”のチェックボックスを外してからOKを押します。

まとめ

多くの場合、DC Offsetはマイクからの録音時に見られます。

コンデンサーマイクの取り扱いが良くなかったり、湿気のある場所に放置していたりすると、DC Offsetが発生しやすくなります。

DC Offsetを発見したら必ずDC Offsetの除去は必ず行いましょう。