これさえあれば、カセットMTRを手放しても良いレベル。

Record Levelノブでチューブ(真空管)サチュレーションをコントロールし、Flux Controlでテープサチュレーションをコントロールをすることにより、アナログ機材に過入力したときの音が簡単に手に入ります。「Link I/O」ボタンを外せば、Playback LevelをRecord Levelと独立してコントロールすることができるようになり、Playback Levelを独立的に変更することにより、真空管へのインプットレベルを上げずにテープサチュレーションの効果をコントロールすることが可能。

また、Reproduceモードにして真空管とカセットテープの両方を通った音を手に入れるか、Inputモードにして真空管は通してカセットテープは走っていない状態の音を手に入れるか(完全なるバイバスではない)を選択することができます。

Kramer Master Tapeはプリセットサウンドから選ぶだけでも楽しいですし、色々とパラメーターをいじっていくだけで偶然にも「やばい」サウンドが手に入ることがあります。非常におすすめできるテープ・シミュレーターです。