Kramer Master Tapeとは明らかにサウンドが違うので、Kramer Master Tapeのサウンドに飽きてきた頃に使うとすごくインスパイアされます。

テープは3種類から選べますが、テープを変えることで劇的にサウンドが変わります。

SAT(SATURATION)を上げすぎると音が汚くなりすぎる感じがするので、SATレベルをなるべく上げずに、Tape Formula, Tape Speed, Input Level/Output Level, Bias, Modeled Tracksのパラメーターを駆使して音作りするとやばいくらいにカッコいいサウンドができあがります。

個人的にはKramer Master Tapeよりも使いどころが難しいので、実験を重ねることで極めていくことができるテープ・シミュレーターです。ぶっちゃけ極めれば、Kramer Master Tapeよりカッコいい音が出せると思っています。このプラグインは実験が大好きなヒップホップマニア向けですね。