トラックメイキングの際、デジタルで打ち込んで、プラグインで音質をビットクラッシュしていくよりも、アナログレコードからサンプリングした方が暖かい音になる場合が多い。

ただし、これはあくまでもサンプリングするソースが暖かい場合に限ります。

実際にはアナログレコード自体の音の暖かさよりも、レコードのマスターにアナログテープが使われているかどうかという事が、重要だと思います。

なぜかと言うと、ある方がデジタルで制作した音源がアナログリリースされた時にその音源をレコードで聞くチャンスがあったのですが、どうしてもデジタル感が残っていたのです。

アナログ化してもソースがデジタルだと、デジタルの角が残るのが私には印象的でした。

暖かくて角の取れた音が欲しい時はマスターがアナログテープだった時代のLPを使うと良いですね。