音楽を趣味でやっているのなら人からどう思われようと、自分の好きな音楽だけを作っていけば良いと思います。

しかし、もしプロフェッショナルなアーティストとして人からお金を徴収しようとなったら話は別です。

売り手に回るのなら、買い手が何が欲しいのかを予測しながら作っていき、買い手の反応を見ながら常に改善を繰り返していかなければなりません。

ようは、買い手の需要を満たしてあげなければならないので、趣味でやるときのように好き勝手やるわけにはいきません。買い手が高値でも買いたいと思えるような楽曲を作っていかなければならないので、客観的にもキャッチーだと思える部分は必ず作る必要があります。

そしてキャッチーなトラックを作るコツが分かるようになってきて、人を乗せられる曲がどのようなものか分かるようになってきたら、必ず「アンチ」は出現することを覚悟しておいてください。あなたが目立たなかったときは存在しなかったアンチも、あなたの活動が目立つようになってきたら必ず一定の範囲で現れ、足を引っ張ってこようとします。

世の中ってそのようにできているのです。世の中の全員を満たすことはそもそもできないようになっているのです。

そして、今度はそのような一部のヘイターにセルアウトと言われようがなんと言われようが、自分が大切だと思うコアの部分は突き通すようにしなければなりません。ヘイターは完全に無視して、自分のトラックを必要としている人に向けて愛情を込め、トラックを作り上げていくのです。

ヘイターのことを頭の片隅で考えて、心がブレるようになってしまってはいけません。最初は難しいかも知れませんが、ヘイターのことは思考から排除しなければなりません。ヘイターのことよりあなたのトラックを必要としているアーティストにだけフォーカスするのです。

あなたは自分のスキルを駆使して「売ること」を考えるようにください。自分のスキルを売れるものに変換できれば、それは一生ものの収穫となります。もちろん時代に合わせて進化する必要はありますが、まずは0から1(無から作り出したもので収入を得る)を作り出すことを体験してください。