音階を理解して頂いたら、次は曲を構成するための小節とリズムを理解する必要があります。

小節は音のブロック

小節とは簡単に言うと「音のブロック」です。

「このループは4小節だ」と言ったら、それは音のブロックが4つあるということです。

関連記事:ループはフレーズを周期的に繰り返して楽曲を構築する方法

音符と休符の長さ

小節の中の音の長さは音符で、音の休みの部分は休符で表します。

notelength

また、付点記号と言った、音符の横に点が付いているものは1.5倍の長さになります。

拍子は小節を分割するリズムの区切りのこと

1つ1つの小節をどうやって分割するかを決めるのが拍子です。

timesignature

4分の4拍子

4分の4拍子では1小節は4拍分(4分音符4つ)の長さになります。

4分の4拍子で4小節のリズムを口ずさむと、「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー」になります。

4分の3拍子

4分の3拍子では1小節は3拍分(4分音符3つ)の長さになります。

4分の3拍子で4小節のリズムを口ずさむと、「ワン、ツー、スリー、ワン、ツー、スリー、ワン、ツー、スリー、ワン、ツー、スリー」になります。

その他の変拍子

音楽には変則的な拍子も存在します。

例えば、8分の6拍子(8分音符6個で1小節)などの拍子があります。

ジャズとかではこういう拍子がよくあります。