ソフトウェア音源には2つの種類があります。

ひとつはプラグイン形式のもの、もうひとつはスタンドアローン形式のものです。

プラグイン形式のソフトウェア音源

プラグイン形式のソフトウェア音源で一番出回っているものはVSTi形式のものです。VSTiとはVST Instrumentsの略で、Steinberg社が作った規格です。

VSTi形式のソフトウェア音源はプラグインと呼ばれるプログラムとして提供されます。そのため、VSTi形式のソフトウェア音源はホストとなるDAWがないと立ち上げることができないソフトウェア音源です。VSTとVSTiは全く意味が違うので注意してください。VSTはVST規格のエフェクトで、VSTiはVST規格の楽器です。ここでお話ししているのはVSTiです。現在は多くのDAWがVSTiに対応しているので、対応しているDAWさえ持っていればVSTiを動かすことができます。

スタンドアローン形式のソフトウェア音源

これはDAWが必要なく、単体で立ち上げることができるソフトウェア音源です。

スタンドアローン型ソフトウェア音源はそのソフトウェア自体は単体で多くの音作りを行うことができるため、基本的には中級者以上の方が対象です。

スタンドアローン型のソフトウェア音源の代表的なものはPropellerhead Reasonというソフトウェアです。

このソフトウェアはソフトウェア音源として始まり、今では多くの機能を搭載したため、DAWでもあるという見方もできますが、やはり多くのユーザーの間ではスタンドアローン型のソフトウェア音源という風に見られています。

Propellerhead ReasonはRewireという機能を搭載しており、Rewire対応のDAWと連携させることができます。ですからRewireを使えば、プラグイン形式のVSTiなどと同じ感覚で使用することができます。

それに、Propellerhead ReasonはRack Extensionsをスタートし、Reasonラックの規格と仕様をサードパーティに開放しました。これにより多くのサードパーティはReason用のソフトウェア音源をリリースしています。

Propellerhead Shopではこれらサードパーティが作ったReason用ソフトウェア音源を購入することができます。もちろん、購入前に試すことができる仕様ですので、気に入ったものだけを購入することができます。