エフェクトには大きく分けて2つの種類があります。

ひとつはプラグイン形式のもの、もうひとつはそれ以外の形式のものです。

プラグイン形式のエフェクト

プラグイン形式のエフェクトで一番有名なのはVST形式のものです。VSTとはVirtual Studio Technologyの略で、Steinberg社が作った規格です。

VST形式のエフェクトはプラグインと呼ばれるプログラムとして提供されます。そのため、形式なので、VST形式のエフェクトはホストとなるDAWがないと立ち上げることができないエフェクトです。他にもAUやAAXと言った規格もありますが、ここでは取り上げません。VSTとVSTiは全く意味が違うので注意してください。VSTはVST規格のエフェクトで、VSTiはVST規格の楽器です。ここでお話ししているのはVSTです。現在は多くのDAWがVSTに対応しているので、対応しているDAWさえ持っていればVSTエフェクトを動かすことができます。

VST以外の形式のエフェクト

VST以外の形式のエフェクトの多くはスタンドアローン型のソフトウェア音源に付属されています。

スタンドアローン型のソフトウェア音源の代表的なものはPropellerhead Reasonというソフトウェアです。

Propellerhead Reasonに搭載されているエフェクトはどれもReason独自の形式であり、VST形式のものと互換はありません。Reasonのエフェクトはとても素晴らしいが、どれもVSTとしては走りません。ちなみに、Rewireというテクノロジーを使えばAudioをReasonに流し込むことができるので、Reasonエフェクトを通すことができます。いずれにしてもVSTエフェクトではありません。

また、Propellerhead ReasonはRack Extensionsをスタートし、Reasonラックの規格と仕様をサードパーティに開放しました。これにより多くのサードパーティはReason用のエフェクトをリリースしています。

Propellerhead Shopではこれらサードパーティが作ったReason用エフェクトを購入することができます。もちろん、購入前に試すことができる仕様ですので、気に入ったものだけを購入することができます。

これらのエフェクトは使ってみると分かるのですが、VST規格に一切負けていません。クオリティは丁寧にプログラミングされた、洗練されたエフェクトばかりです。これはPropellerhead Reasonがサードパーティに求めているクオリティの基準が良いのだと思います。