アーティストにトラック提供をする際、トラックにフェードアウトを入れて欲しいとお願いされたことが何回もあります。しかし、ボーカルを追加する前にトラックにフェードアウトを先に入れてしまうと、ミックスが上手くいかなくなります。

フェードアウトを先に入れない理由

トラックにフェードアウトがあることで、マキシマイザーを差し込んでも音圧が綺麗に上がらなくなったり、全体にコンプレッサーをかけたりしたときに、フェードアウト部分が不自然に聞こえるようになります。

また、フェードアウトがトラックにあらかじめ組み込まれていると後から調整できなくなるので、マスタリングが大変になります。つまり、ボーカルを足した後、「トラックのフェードアウトのタイミングをもう少し遅らせれば良かった」と思ったとしても、あとから直すことができなくなるので、トラックのミックスダウンからやり直したりしなければならなくなります。とにかく面倒臭い作業が後からやってくるようになります。

破壊編集ではなく、非破壊編集をすることが大切

基本的にフェードアウトはハードコーディング(破壊編集)として入れると後から編集できなくなるので、スマートではありませんし、やりません。

フェードアウトはDAW側でVolumeのオートメーションを書き込んでいくと非破壊編集となり、後から簡単に編集ができるのでやり方としてはスマートなのです。ですから、フェードアウトをするときはオートメーションを使ってコントロールすることが大切です。例として、Ableton Liveの画面を使ってお見せします。

赤い囲いのところからFadeを選択すると、トラックにオレンジの線が表示されるようになります。

ここでオレンジの線をピーっと手前の方に伸ばしていくと、フェードアウトが追加され、それに合わせて波形の波の高さが変わります。

非破壊編集なので、オレンジの線の位置を変えると、フェードアウトが始まるポイントが自動的に変更され、それに合わせて波形の波の高さが変わるポイントが変わってくれるのです。

先にフェードアウトを入れてしまうと、このようなことができなくなるのです。意味が伝わりましたでしょうか?

まとめ

トラックにフェードアウトを入れるときは非破壊編集を用いること。そして、トラックにフェードアウトを入れるタイミングとしては「マスタリング時の最後の最後」ということを覚えておきましょう。