ウェブサイトを作成するのに必要なものを紹介します。主にMacでウェブサイトを作成する人向けのリストです。

テキストエディター

ウェブサイトのコードを編集していくためにはテキストエディターが必要になります。

Xcode

XcodeはMac, iPhone, iPadのソフトウェアを開発するために必要なデベロッパー(開発者)用のツールです。このソフトウェアに付いているテキストエディターはウェブサイトのコードを色付きで編集させてくれるので便利です。

TextEdit

Macに標準で付属しているテキストエディターです。Windowsだと「メモ帳」に当たるものです。

画像編集ソフト

画像を編集するソフトは必ず必要という訳ではありません。しかし、サイトでの画像の表示を最適化するには必要になってきます。

Preview

Macのプレビュー用のツール。画像をリサイズ(サイズ変更)したり、PNG形式をJPG形式に変換するときに使う。

JPEGMini

劣化がほぼ分からない状態で画像のファイルサイズを劇的に下げることができるソフトウェアです。画像をサイトに乗せる前にJPEGMiniに通しておくと良い。

関連記事:サイトに写真を乗せるときはファイルサイズを落とすこと

ImageOptim

ImageOptimは画像に含まれている個人情報(GPS情報やカメラ情報)を削除することでファイルサイズを下げるアプリ。サイトに乗せる画像には必ずかけておいた方が良い。

ToyViewer

画像にモザイクをかけたい場合はToyViewerがとても使いやすい。

Skitch

Skitchは画像に矢印を書いたり、説明文をつけたりするのに役立つソフト。

ファイル転送ソフト

ファイルをサーバーに転送するときに必要となるソフト。

FileZilla

以前FFFTPというソフトを使っていましたが、転送が不安定なのでFileZillaに変えました。ファイル転送用ソフトはこれ一本で十分です。

インターネット・ブラウザー

ウェブサイト作成のときは複数のブラウザーで正しい表示がされているか確認する必要があります。そのため、人気のあるブラウザーはインストールしておいた方が良いです。

Google Chrome

Google ChromeはGoogle製のインターネットブラウザー。コアなファンが多い。私もメインで使用しているブラウザーです。

Firefox

FirefoxはMozilla製のインターネットブラウザー。ある程度ユーザーがいるので、無視はできない。

Safari

SafariはApple社製のインターネットブラウザー。Macユーザーの一定数はSafariを使っているので、これも入れておいた方が良い。

チャートや表を作るためのソフト

サイトを作成していると、チャートや表で何かを表したいときがあります。そういうときはチャートや表を作るためのソフトウェアを使うと良いでしょう。

Numbers

NumbersはMac版のExcelです。元々は表計算のソフトウェアですが、チャートや表を作りたい場合には使いやすいソフトです。

Keynote

KeynoteはMac版のPowerPointです。元々はプレゼンテーション用のソフトウェアですが、チャートや表を作りたい場合には使いやすいソフトです。