今回はビートを聞いてもらいたい衝動をコントロールすることの重要性についてお話していきますね。

ビートメイカーとしてビートを作っていくと、

必ず感じる気持ちが「誰かに聞いてもらいたい」という気持ちです。

「誰かに褒めてもらいたい」

「すごいって言われたい」

これです。

この気持ち、自然に出てくるものです。

でも、この気持ちが大きすぎるとそれは問題になります。

なぜかというと、

ビート販売サイトをやって、ビートを販売する側に立っているというのに、

「ねぇ、聞いて!ねぇ、聞いてよ!」

って気持ちが爆発したらどうなるかと言ったら、

注目されようとする行動に出始めるからです。

すると、

販売しているビートの値段を著しく下げたり、

SNSでスパム級の宣伝を始めるようになるからです。

これをやり始めると、信頼性が上がらなくなります。

だからこそ、「ビートを誰かに聞いてもらいたい」という衝動はコントロールする必要があります。

結局のところ、「自分で自分のビートは素晴らしい」と自己肯定しておけばそれで良いのです。

そもそも自分が良いと思ってるものを販売しているのですよね?

だったら、それを誰かに肯定してもらう必要はないんです。

外側に承認を求めていてはずっと次のレベルには行けません。

やらないといけないことは、自分で自分のビートを認めることです。

つまり、内側に承認を求める。

自分で自分を認めることができたら、その時点で自己完結しますから、外側がどんなに「反応がなくても」焦らなくなります。

これ、非常に重要です。

焦らないから、

ビートを着々と作っていってはアップして、SNSでは適度な告知のみに抑えることができるようになります。

すると、スパムはしなくなりますから、信頼性が落ちるということはありませんから、

あとは時間をかけて、ビート販売サイトを熟成させていくだけです。