「こうしたら良いんじゃないか」というアイデアが浮かんだら、まずは小さく実行するようにしてください。

なぜ小さく実行する必要があるかというと、最初から莫大な費用をかけてアイデアを実行に移したら失敗したときに立て直すのが大変だからです。最初から大きな賭けをしてはいけません。小さくテストしていき、効果を測定してから大きく賭ける必要があるのです。

私の知り合いでサイト制作に大金をかけて開発したのに、あとから様々な問題が出てきて、結局サイトのリリースにこぎつけられなかった人を知っています。これは小さくテストをしなかった弊害です。

この人が最初に何をするべきだったかというと、サイトのリリースを目標にするべきでした。問題はその都度修正していくというスタンスでやっていれば最低でもローンチはできていたはずです。

なのに、最初に大きな金額を投入してしまったばっかりに、失敗だと分かったときにはもうお金は回収できなくなっていたわけです。こういうタイプの人は「投資している自分」に自己満足してしまうタイプの人なので、全く結果を出すことができません。

残念ながらアイデアは当たるかどうかはやってみなければ分かりません。でも、最初から大きくやれば、金銭的なダメージが大きくなる場合があります。

まずは小さく実行し、アイデアの効果を測定し、うまくいきそうだったら規模を大きくしていくのです。効果がないと分かったら、プランを練り直して再チャレンジしましょう。