WordPressをインストールしたばかりで、カテゴリーの設定を変更せずに記事を書いたとしたら、その記事が属するカテゴリーは長い文字列で表示されます。

ncb_05

記事を「sample」というカテゴリーに入れた場合、sampleカテゴリーはどのようなリンクになっているかをお見せします。

「/post/id/category/sample」という文字列が入っていてとても邪魔ですね。

このようにカテゴリーが長いとユーザーにとっても自分にとっても分かりにくくなるので、カテゴリーのベースは外しておくと良いでしょう。

今回はプラグインを使ってその機能を導入します。

カテゴリーベースを外すプラグインのインストール方法

今回は「WP No Category Base – WPML compatible」というプラグインを導入します。

ncb_02

管理画面のPluginsからAdd Newをクリックし、「WP No Category Base」で検索します。

ncb_03

「WP No Category Base – WPML compatible」のInstall Nowをクリックします。

ncb_04

インストールが終わったら、Activate Pluginをクリックします。

ncb_01

先ほどと同じカテゴリーページを見てみます。

「/post/id/category/」の部分が省かれ、「/sample」だけになっています。これだとユーザーにとってもどのカテゴリーにいるか分かりやすいですね。

まとめ

WordPressはデフォルトでなぜカテゴリーのベースが入ってしまうようになっているのかは良く分かりませんが、デフォルトの設定はあまり良いものではありません。

カテゴリーのベースは最初のうちに外しておいた方が後々後悔しませんので、是非やっておきましょう。