ReasonでDrum Sequencerが登場。

Kongに差し込んだり、Redrumに差し込んだり、VSTでNIのBatteryを呼び出して、ドラムを組んだりすることができる。

ハイハットをより細かく分解することもできるから、トラップなどの分野の制作にも役に立つと思う。

この動画を最初から最後まで見れば、Drum Sequencerの使い方を完全に理解できるようになるはず。