タイムストレッチ/ピッチシフト技術には複数のアルゴリズムが存在し、使用しているアルゴリズムによって全くと言って良いほど音質が違います。

パソコンでタイムストレッチ/ピッチシフトをするときはAbleton Liveが積んでいるアルゴリズム(élastique)を使いますが、最近はiOSでタイムストレッチ/ピッチシフトをやってしまうことが多いです。

なぜiOSでやるかというと、出先で音楽を聴いていてたまたま見つけた「ドラム」や「上ネタ」にタイムストレッチ/ピッチシフトをかけて、ファットな質感なサンプルを作って、そのままサンプルをエクスポートするようなことができるからです。

タイムストレッチ/ピッチシフトマニアの私からしてみると、出先で簡単にタイムストレッチ/ピッチシフトして、そのまま音を保存できるというのは大きいです。(もちろんAbleton Liveでやるのも良いのですが、出先で作業すると机で作業するよりもはかどる場合があるのです。)

特に、PSOFT Audio Playerが登場してからはiPhoneで手軽に作業できるのでとても重宝しています。

PSOFT Audio PlayerはiOS版のmimicopy等と同じ「PhaseGear」という最先端のタイムストレッチ・ピッチシフト技術を積んだアプリですが、どうやらPSOFT Audio Playerが積んでいるPhaseGearのエンジンはmimicopyより新しいようなので、音がよりスムーズなのです。

まぁ、mimicopyもピッチを変化させたときにカセットテープのように質感がヨレる感じも好きなので、mimicopyも併せて使いたいくらいですが、mimicopyにはエクスポート機能はどうやら搭載されないようです。(機能の要望をアプリ開発者に出しましたが、あまり良い返事ではなかった)そのため、私の場合は当面はPSOFT Audio Playerを使うことになるでしょう。

PSOFT Audio Playerではアプリ内課金でエクスポート機能をアンロックするとタイムストレッチ/ピッチシフトした音源をエクスポートして取り出すことができるようになります。

アプリ内課金は多少高価ですが、私のようなタイムストレッチ/ピッチシフトマニアにとっては安いものです。まぁ、今後もバシバシ使っていくことでしょう。

ファットな「サンプル」を出先で準備したいトラックメイカーにはおすすめできるアプリです。