トラックメイキングをするにはパソコンとDAWが必要になります。

DAWとはDigital Audio Workstationの略で、簡単に言うと音楽制作ソフトウェアのことです。

DAWを「ディ・エイ・ダブリュー」と呼ぶ人もいますが、私は「ドー」と呼びます。

DAWにはAbleton Live, Avid Pro Tools, Apple Logic Pro, Image-Line FL Studio, Steinberg Cubase, Propellerhead Reason, Bitwig Studio, Sony Acid Pro, Adobe Audition, Native Instruments Maschine等のソフトウェアがあります。

買う前に必ず試用すること

多くのDAWはそれぞれのメーカーの公式ウェブサイトからデモ版をダウンロードできます。

上記で挙げたDAWをGoogleで検索し、デモ版をダウンロードし、それぞれのDAWの使い心地を評価することを強くおすすめします。評価せずに買うことは絶対にやめてください。特に、インターネットに乗っている意見だけを鵜呑みにして、実際に試用せずに買うのは最悪です。DAWを試用せずに買うのは、例えるなら、車を試乗もせずに買うようなものです。

それぞれのDAW独自のユーザーインターフェイスやクセがあなたに合うのか、合わないのか、こればっかりは実際に触ってみて判断するしか方法がないのです。

(残念ながらリストの中でNative Instruments Maschineだけはハードウェアと一体型の商品なので、デモの評価は出来ないです。)

参考

私はAbleton LivePropellerhead Reasonの二つを主に使っています。私はサンプリングと打ち込みの両方を行うので、サンプリングがしたくてオーディオ系を扱いたいときはAbleton Live、打ち込みがしたくてオリジナル・メロディを作っていきたいときはPropellerhead Reasonを使っています。

ちなみに、最初からこれらのソフトウェアにたどり着いたわけではありません。昔はSony Acid ProというDAWを使っていました。しかし、時間が経つことで私のスタイルはどんどん変わっていき、気づいたときには別のソフトウェアに乗り換えていました。

このように、ソフトウェアは一つに制限しなくても良いのです。まずは試用しましょう!