イコライザー(EQ)を効果的に使いこなすテクニックで各トラックにハイパスフィルターをかけようとお話しましたが、マスタートラックにも忘れずにハイパスフィルターをかけましょう。

これは各トラックに対してハイパスフィルターを掛け忘れている場合があるからです。

マスタートラックには40Hzから50Hz辺りにハイパスフィルターを掛けるのが良いでしょう。

これをする事により超低音域は確実にカットされ、最終ミックスには余計な音域は含まれません。