コンプを掛けても音が潰れるだけで、リッチな迫力が出なくて困っていませんか?

ドラムにコンプを掛けて音圧を上げたとしても迫力が上がらない、むしろ音が潰れるだけで平坦な感じになってしまうということはよくあると思います。

コンプは諸刃の剣で、掛けすぎるとダイナミクスが失われ平坦になってしまいます。

つまり、コンプを掛けるだけだと音が太くなるどころか音の迫力がなくなります。

それを解決するためには、元の音を「ブレンド」すれば良いのです。

元のドラム(Dry)とコンプの掛かったドラム(Wet)を混ぜることにより、両方の性質を同時に獲得することができます。

元のドラムはダイナミクスがあるのでアタック感が、コンプの掛かったドラムからは音圧感が混ざり、パンチーでなおかつ音圧のあるドラムに仕上げることができます。

これはパラレルコンプレッション、またはニューヨーク・コンプレッションと呼ばれている有名な手法です。

この方法はドラムだけではなく、ボーカルなどでも広く使われている手法です。

下記のビデオではドライなドラムとコンプの掛かったドラムを混ぜることでどのような音が出るのか、デモンストレーションされています。

トラックを単純に複製する方法もありますが、トラックにコンプをセンドして元の音とコンプレッションを掛けた音を混ぜることもできます。