マスタリングをするときは、自分の曲を何回も何回も繰り返し聞くことが求められます。その過程で何が良くて何が悪いのか、感覚がおかしくなってしまい、よく分からなくなってしまうことがあります。

そういうときでも、他人の曲をマスタリングするときと同じように、エゴを捨てて客観的になることが求められます。

客観的に自分の音楽を聞くという事は、自分の間違いを認める素直な気持ちが必要です。

マスタリングはとても孤独な作業であり、耳がおかしくなる作業でもあります。

何が良いのか分からなくなってしまった場合、休憩を必ず入れてください。

10分でも1時間でも1日でも良いのです。

時間を置いてから戻ってみると、耳がリセットされて作業を続けることができるようになります。

何が問題だったのかがすぐに判明したりします。

この休むという行動はとても大切です。

なぜなら、シンプルなことを複雑に考えていたことでポイントがブレていたというパターンが多いからです。

耳をリセットする必要があったら、恐れずに必ず休憩をとりましょう。