サンプリングと打ち込み、それぞれの音楽スタイルのメリットとデメリットを解説します。

サンプリングのメリットとデメリット

サンプリングのメリット

  • 楽器が弾けなくても曲を作ることができる
  • 音楽理論やスケールが分からなくても、パズルを組み立てるような感覚で曲を作ることができる

サンプリングのデメリット

  • ある程度の量の音源を保有する必要がある
  • 下手なことすると著作権に抵触する

サンプリングのチャレンジポイント

  • 素材選びにはセンスが問われる。何をサンプリングするか、それが問題である。

打ち込みのメリットとデメリット

打ち込みのメリット

  • オリジナルのメロディを作り出すことができる
  • オリジナルのメロディならば著作権に抵触しない

打ち込みのデメリット

  • 音楽理論やスケールをある程度理解しないと、無からメロディを作りあげるのは難しい

打ち込みのチャレンジポイント

  • 日々聞いている音楽がそのまま作るメロディに反映されるため、常に良い音楽をインプットし続けることが必要

まとめ

ご覧の通り、それぞれのスタイルにはメリットとデメリットがあります。

ですから、両方のスタイルのメリットを得るために、サンプリングと打ち込みをミックスして音楽制作をする人もいます。

例えば、ドラムやベースなどの土台となる音はサンプリングし、上ネタ(上に乗せるメロディ)は打ち込みで自作してしまうという方法です。

このように、音楽制作には制限はないので、あなたに合った制作方法を開拓していきましょう。