ミキシングとマスタリングはどう違うの?とよく聞かれます。

二つの作業は似ているようで異なります。

複数のトラックのバランスを調整し、一つのファイルとして落とす作業をミキシングと言います。

ミキシングの段階では各トラックがまだ独立しているので、個別のトラックに調整していくことができます。

それに対して、既に一つのファイルとして落とされた曲をあとから調整していく作業をマスタリングと言います。

また、既にミックスダウンされた複数の楽曲をアルバムとしてまとめる作業もマスタリングに入ります。

別の場所、別の日に録られた複数の楽曲に音量や響きに統一感を出す必要がありますから、ここではマスタリング作業が必要になるのです。

この時、マスタリングでは既にミックスダウンされたファイルを編集していくことから、曲の全体像を変えていくことは出来ますが、個別のパートの調整は難しいわけです。

そのため、できの悪いミックスをマスタリング作業で良くすることはできません。

ミキシングをやり直せるのならば、本当はミキシングからやり直すことをおすすめします。

まとめ

ミキシングとマスタリングの違いは各トラックを独立して調整できるのかできないのかの違いです。

また、ミキシングは基本的には1曲単位で調整を行う作業の話ですが、

マスタリングはシングルの場合は1曲だけれど、アルバム等の場合は複数曲にまたがって統一感を出すために、調整を行う作業の話になります。