マイナースケールは「全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音」の並びになっているスケールのことを指します。

メジャースケールは明るい印象がありましたが、マイナースケールは暗い印象があります。

メジャースケールのことを少し思い出して頂きたいのですが、五線譜に書いたときにメジャースケールで♯や♭が付かないキーはC Majorでした。

参考:メジャースケールの音階の構成

実はA MinorスケールはC Majorスケールと構成音が全く同じなので、五線譜に書いたときに♯や♭が付きません。A MinorとC Majorのスケールの違いとしてはルート音(スケールを始めるときの最初の音)が違うだけなのです。

マイナースケールの鍵盤上の位置

マイナースケールの中でも一番分かりやすいキー(音階)はA Minorなので、分かりやすいように、A Minorスケールから順番に説明していきます。

A Minor

A Minorは全て白い鍵盤のみ構成されています。しかし、先ほども言いました通り、A MinorはC Majorとは違い、ルート音はA(ラ)から始まります。ですから、A Minorスケールは「A, B, C, D, E, F, G, A」で構成されています。

aminor

鍵盤上での位置は下記の通りです。

aminorscore

繰り返しになりますが、A Minorは五線譜に書いたときには♯や♭はありません。

この「全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音」の並びさえ守れば、キーが変わってもスケールはマイナースケールのままになります。

A♯/B♭ Minor

asharpminor

A♯/B♭から始めるとA♯/B♭ Minorになります。

asharpminorscore

五線譜に書くときにA♯を基準に考えると、♯が7つあります。

bflatminorscore

五線譜に書くときにB♭を基準に考えると、♭が5つあります。

B Minor

bminor

Bから始めるとB Minorになります。

bminorscore

五線譜に書くときには♯が2つあります。

C Minor

cminor

Cから始めるとC Minorになります。

cminorscore

五線譜に書くときには♭が3つあります。

C♯/D♭ Minor

csharpminor

C♯/D♭から始めるとC♯/D♭ Minorになります。

csharpminorscore

C♯/D♭ Minorを五線譜で書くときは、C♯基準で考えた方が良いです。なぜならD♭基準で考えるとダブルフラットが出現するからです。C♯ Minorには♯が4つあります。

D Minor

dminor

Dから始めるとD Minorになります。

dminorscore

五線譜に書くときには♭が1つあります。

D♯/E♭ Minor

dsharpminor

D♯/E♭から始めるとD♯/E♭ Minorになります。

dsharpminorscore

五線譜に書くときにD♯を基準に考えると、♯が6つあります。

eflatminorscore

五線譜に書くときにE♭を基準に考えると、♭が6つあります。

E Minor

eminor

Eから始めるとE Minorになります。

eminorscore

五線譜に書くときには♯が1つあります。

F Minor

fminor

Fから始めるとF Minorになります。

fminorscore

五線譜に書くときには♭が4つあります。

F♯/G♭ Minor

fsharpminor

F♯/G♭から始めるとF♯/G♭ Minorになります。

fsharpminorscore

F♯/G♭ Minorを五線譜で書くときは、F♯基準で考えた方が良いです。なぜならG♭基準で考えるとダブルフラットが出現するからです。F♯ Minorには♯が3つあります。

G Minor

gminor

Gから始めるとG Minorになります。

gminorscore

五線譜に書くときには♭が2つあります。

G♯/A♭ Minor

gsharpminor

G♯/A♭から始めるとG♯/A♭ Minorになります。

gsharpminorscore

五線譜に書くときにG♯を基準に考えると、♯が5つあります。

aflatminorscore

五線譜に書くときにA♭を基準に考えると、♭が7つあります。

まとめ

このように、マイナースケールは必ず「全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音」の並びになっているということを覚えておいてください。

そうすればどの音から始めても必ずマイナースケールになります。