に投稿 コメントを残す

ミニマリストになるとお金の回りが悪くなると思った。

ミニマリストの言葉「貧乏人ほど物が多く、お金持ちほど物が少ないんですよ」

に踊らされて、一時期ミニマリストを目指したことがある。

でもね、この言葉、私にとっては間違っていることが分かりました。

ポイントは「私にとっては」間違いであったということです。

人によっては上記の言葉が正解の場合もあるんだろうけれど、私の場合には当てはまらなかった。

なぜなら私の場合、物が少なくなると、寂しい気持ちになるし、人恋しくなるし、

綺麗に整理整頓された部屋を見ると、ワクワクする気持ちがどんどん遠くなっていくような気がしたから。

じゃ物を少なくしてお金が入ってくるようになったかというと、

逆にお金を使う「出口」が減ったことで、お金を使う必要がなくなって、

収入が少しずつ減っていった感覚があった。

この経験から、私の場合はお金を使う理由が増やすことで、お金をもっと回そうという気分になれ、そうすることでお金の循環が良くなっていくということが分かった。

それから時間が経ち、今は他人と一緒に住んでいるんだけれども、

その人は所持品が結構多い。

そして、その人は物が多いんだけど、整理整頓されている。

だから見ていて気持ちが良いんだよね。

「今一緒に住んでいる人って物が多いから貧乏人なのか?」って聞かれるとけっしてそうは思わない。

むしろ、豊かな人だなって思う。

自分で稼いだお金で好きなものを買いまくる。本当に素晴らしいことじゃないか。

それに、「気分が上がるから〜」って言って、リビングと寝室用に頻繁にお花を買ってくるような人だ。

めちゃくちゃ心が豊かな人だと思う。

やってみると分かるけど、家にお花があるとめちゃくちゃテンション上がるんだよ。

やっぱり家にいて、テンション上がるって大切なことだと思った。

やっぱり物を「悪者」と考えるのは私には合わない。

だから、「欲しいものを買うためにお金を回していく」って素晴らしいことなのだと思う。

「物欲自体を減らしていく」ミニマリストという生き方に心地よさを感じる人もいるんだろうけれど、ミニマリストという生き方は私の根本的な性格に合わなかったということだ。

コメントを残す