ホームスタジオでレコーディングをしていくにはマイクが必ず必要になります。

マイクの種類

マイクには大きく分けて二つの種類があります。それはダイナミックマイクとコンデンサーマイクです。

ダイナミックマイクはスタンダードなマイクで、オーディオインターフェイスとXLRケーブルで繋げればすぐに使えるようになります。

コンデンサーマイクはダイナミックマイクとは違い、電源を供給しないと使えないマイクです。コンデンサーマイクに供給する電源をファンタム電源と言います。

コンデンサーマイクはダイナミックマイクと同じようにオーディオインターフェイスとXLRケーブルで繋ぎますが、ファンタム電源に対応しているオーディオインターフェイスからXLRケーブル経由でコンデンサーマイクに電源を送り込むことで使える状態になります。オーディオインターフェイス側にある「48V」と書いてあるボタンがファンタム電源のオンオフスイッチです。

音質は基本的にコンデンサーマイクの方が良いです。しかしコンデンサーマイクはダイナミックマイクに比べて振動や湿気に弱いので、取り扱いに注意が必要です。

おすすめのマイク

マイクを買うときはコンデンサーマイクにしてください。ダイナミックマイクにすると、音が丸いので、エディットが大変になります。

基本的にはコンデンサーマイクの方がダイナミックマイクより割高ですが、ダイナミックマイクを買って、「失敗したな」と思って、あとからコンデンサーマイクを買い直すくらいなら最初からコンデンサーマイクを買ってしまった方が良いからです。

コンデンサーマイクもピンからキリまでありますが、そこまで高級なものは要らないです。私がおすすめするマイクは「Rode Microphone NT1-A」です。手頃なエントリー用のコンデンサーマイクですが、宅録の用途では十分な性能を誇ります。まずはこのマイクでちゃんとした録音ができるようにならないと、実力がつかないうちにマイクだけレベルアップさせてもあまり意味がないでしょうね。