マスタリングはミキシングに比べて自由度がありません。なぜならマスタリングでは複数のトラックがひとつのファイルとして落としてあるため、各トラックに変更が効かないからです。

マスタリングでは全体的なバランスをコントロールすることしかできません。

マスタリングの作業としてできることは下記くらいに限られています。

  1. マキシマイザーを使って音圧を調整する
  2. ミックス全体にEQをかける
  3. ミックス全体にマルチバンドコンプレッサー(帯域別コンプレッサー)をかける
  4. フェードインやフェードアウトのポイントを作る

全体にEQをかけることとマルチバンドコンプレッサーをかけることは似ているように聞こえますが、性質が全く違います。

「ミックス全体像からある帯域だけを削りたい・ブーストしたい」ときに使うのが全体にEQ。

「ミックスの特定の帯域にだけコンプレッサーをかけて、無理やりバランスを変えてしまおう」というのがマルチバンドコンプレッサー。

マルチバンドコンプレッサーを使っている時点で、本当はミックスは失敗しています。

ミックスをやり直せるのなら素直にミックスをやり直した方が結果が良くなります。

ミックスをどうしてもやり直せない時に最終兵器として使うのがマルチバンドコンプレッサーなのです。

まとめ

マスタリングはミキシングほどの自由度がないため、ミキシングが悪ければ、後からマスタリングで音質を良くすることは不可能です。

逆に、良いミックスさえ作ることができたら、マスタリングでさらに光らせることは可能です。

マスタリングを練習する前に、良いミックスを作る練習をしましょう。