メジャースケールは数あるスケールの中でも最も基本的なスケールなので最初に覚えることになるスケールです。

メジャースケールの鍵盤上の位置

メジャースケールの中でも一番基本となるキー(音階)はC Majorです。

C Major

C Majorは全て白い鍵盤のみ構成されていて、おなじみの「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」で構成されています。英語圏では一般的に「C, D, E, F, G, A, B, C」と呼びます。

参考:音階を理解する

鍵盤上のC・D・E・F・G・A・B・Cの位置は下記の通りです。(赤くハイライトしています)

cmajor

C Majorは白鍵のみで構成されているので、五線譜に書いたときには♯や♭はありません。

cmajorscore

「C」と「D」の距離は全音
「D」と「E」の距離は全音
「E」と「F」の距離は半音
「F」と「G」の距離は全音
「G」と「A」の距離は全音
「A」と「B」の距離は全音
「B」と「C」の距離は半音

「E」と「F」、それと「B」と「C」の距離は半音です。なぜなら「E」と「F」の間と「B」と「C」の間には黒鍵がなく隣同士だからです。

この「全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音」の並びさえ守れば、キーが変わってもスケールはメジャースケールのままになります。

C♯/D♭ Major

csharpmajor

C♯/D♭から始めるとC♯/D♭ Majorになります。

csharpmajorscore

五線譜に書くときにC♯を基準に考えると、♯が7つあります。

dflatmajorscore

五線譜に書くときにD♭を基準に考えると、♭が5つあります。

D Major

dmajor

Dから始めるとD Majorになります。

dmajorscore

五線譜に書くときには♯が2つあります。

D♯/E♭ Major

dsharpmajor

D♯/E♭から始めるとD♯/E♭ Majorになります。

D♯/E♭ Majorを五線譜で書くときは、E♭基準で考えた方が良いです。なぜならD♯基準で考えるとダブルシャープが出現するからです。E♭ Majorには♭が3つあります。

eflatmajorscore

E Major

emajor

Eから始めるとE Majorになります。

emajorscore

五線譜に書くときには♯が4つあります。

F Major

fmajor

Fから始めるとF Majorになります。

fmajorscore

五線譜に書くときには♭が1つあります。

F♯/G♭ Major

fsharpmajor

F♯/G♭から始めるとF♯/G♭ Majorになります。

fsharpmajorscore

五線譜に書くときにF♯を基準に考えると、♯が6つあります。

gflatmajorscore

五線譜に書くときにG♭を基準に考えると、♭が6つあります。

G Major

gmajor

Gから始めるとG Majorになります。

gmajorscore

五線譜に書くときには♯が1つあります。

G♯/A♭ Major

gsharpmajor

G♯/A♭から始めるとG♯/A♭ Majorになります。

aflatmajorscore

G♯/A♭ Majorを五線譜で書くときは、A♭基準で考えた方が良いです。なぜならG♯基準で考えるとダブルシャープが出現するからです。A♭ Majorには♭が4つあります。

A Major

amajor

Aから始めるとA Majorになります。

amajorscore

五線譜に書くときには♯が3つあります。

A♯/B♭ Major

asharpmajor

A♯/B♭から始めるとA♯/B♭ Majorになります。

bflatmajorscore

A♯/B♭ Majorを五線譜で書くときは、B♭基準で考えた方が良いです。なぜならA♯基準で考えるとダブルシャープが出現するからです。B♭ Majorには♭が2つあります。

B Major

bmajor

Bから始めるとB Majorになります。

bmajorscore

五線譜に書くときには♯が5つあります。

cflatscore

Bメジャーの場合は♭で表すこともできます。その場合はCの♭とみなします。五線譜に書くときには♭が7つあります。

まとめ

このように、メジャースケールは必ず「全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音」の並びになっているということを覚えておいてください。

そうすればどの音から始めても必ずメジャースケールになります。