に投稿 コメントを残す

そのビート、意図して作っていますか?

多くのビートメイカーの問題は、意図を決めずにビートを作るところにあります。

「かっこいいビートができた」

「そう。じゃそのビートどうするの?」

「う〜ん、じゃとりあえずSNSに乗せるか。」

こんな感じで作っても全くと言って意味がないんですね。意図がないビートはゴミだと思ってください。

意図するかしないかは成功するか失敗するかの分かれ道

例えば、とあるアーティストとコラボしたいなら、そのアーティストが好きそうなメロディーラインを入れるとか、ラップが入りやすいようにドラムやベースに隙間を入れてあげるとか、意図さえ設定すればいくらでも配慮することはできます。

しかし、意図を設定しなければ、ビートがかっこよくてもラップは入らなかったり、ベースが邪魔してボーカルが入れられなかったりして、誰にとっても使えないビートが出来上がってしまうわけです。

意図がないビートは聞いた瞬間に分かります。このビートメイカーは意図を設定せずに、テキトーに流れのままにこのビートを作ったなと。そんなビートを量産してもどうにもならないわけですし、単なる自己満足で終わってしまうのです。

だからビートを作るときは意図して作ってください。別の言い方をすると「出口」を決めるようにしてください。

おすすめの出口は「ビートメイキングのノウハウ系記事に紹介できるビート」または「アーティストに提供するためのビート」、またはその両方を出口に設定すると良いですね。

そうすれば、ビートを一つ作る度に資産が増えていく感覚になるわけです。

一つのビートを作れば、ノウハウ記事が書けて、その記事にアクセスを集めて世界中のビートメイカーに教えることができますし、同じビートをアーティストに提供することで、歌やラップを吹き込むことができるようになります。一石二鳥ですね。

ビートを資産としてずっと機能させるためには、時間が経っても古くならない出口設定にした方が良いと、私は思うのです。

今日は以上です。

コメントを残す