ビジネスで成功するには、成功にふさわしいマインドセットを作り上げる事が必要です。

でも、成功にふさわしいマインドセットなんて誰も教えてくれません。

それ以前に、普通の人は成功できる為の思考回路を持っていません。

なぜなら生まれた時から社会に洗脳され、「お金持ちになれない思考」をプログラミングされているからです。

このプログラムはステルスで行われている為、多くの人はそもそもこのプログラムが存在している事すら気づいていません。

ただ、あなたは頭のフタをあけてこの思考回路を根本的に変えていきたいと思う場合、下記のメソッドが効果的です。

マイナスのエネルギーは排除し、プラスのエネルギーだけを選択的に取り込む

あなたのマインドにとってプラスになるエネルギーを選択的に取り込んであげる事が必要です。

例えば、他人の批判をする人には近づかない事はとても大切な事です。

他人をいつも批判する人と付き合うと、マイナスなエネルギーを簡単にもらってしまいます。

マイナスなエネルギーにさらされるとあなたの思考は洗脳されて、知らないうちにアリ地獄に引きずりこまれてしまいます。

マインドに入ってくるエネルギーはあなたの思考に多大な影響があります。思考が影響されるとあなたの行動にも影響し、あなたの人生を変えてしまう力があります。

つまり、誰と付き合う、誰と付き合わないかは慎重に選択していく必要があるという事です。

あなたはいい人でいる必要はありません。いい人は格好のターゲットになってしまいます。いい人は今日限り卒業する事を心に誓ってください。

別に嫌われたって良いじゃないか。別に嫌われたって死ぬわけじゃないです。

あなたにとってマイナスなオーラを植え付けてくる人はあなたの人生に必要ないのです。

テレビの情報には気をつける

テレビは洗脳マシンである事に多くの人は気付いていません。

メディアは流す情報の質をコントロールする事によって、国民の思考を自由自在にコントロールする事が出来ます。

例えば日々取り上げられるニュース等が良い例です。

メディアはわざと悪いニュースばかりを流します。

誰々が殺された、誰々が脱税や詐欺で捕まった、誰々が学校で銃を乱射した、等々聞きたくもないニュースを毎日毎日止まる事なく流し続けます。これを毎日毎日見ていたら、完全に洗脳されます。

しかも、視聴者は自分が洗脳されている事に一切気づかれずにです。

こんなのを見続けていたら、まともな思考でいられるはずが無いんです。

本当は人は個性をどんどん出していかないといけないのに、窮屈な社会のルールをテレビを通して植え付けられる事で、「出る釘は打たれるから、無難に皆と同じように目立たないように生きていこう」と思ってしまうようになるのです。

これで、文句を言わないサラリーマンの一丁上がりです。

学校は文句を言わないサラリーマンを育成するの為の究極なシステム

社会には文句を言わないサラリーマンを育成する為のシステムが他にも存在します。

それは学校です。

学校というシステムは合法的に人を洗脳できる刑務所なのです。

その為、学校で勉強が優秀だった人ほど(学歴が高ければ高いほど)、文句の言わないサラリーマンになりやすい傾向が高いです。

あなたが子供の時に親に「良い学校に受かって、勉強して、知識をつけて、良い大学に受かって、大企業に勤めて、出世して、稼げるようになって、安定した暮らしを手に入れて欲しい」と言われたとしたら、親も学校に洗脳されてしまった証拠です。

何故なら、学校で良い成績を取る = 大企業に入る努力する = 大企業で出世する事に命を燃やす = 一生サラリーマンとして会社に奉仕しますと言っているのと同じだからです。

社会はあなたを単なる駒としか見ていないという事ですよね。

学校というシステムがどれだけたちの悪い洗脳マシンであるかがお分かり頂けましたでしょうか。

まとめ

社会が何と言おうと、個性を大切にしましょう。(詳しくはあなたの個性がお金を生む時代を参照してください。)

釘が出てようと、あなたはあなたにしか出せない色を出すようにしてください。

自分にしか出来ないトラックメイキング法を探してみてください。

そして、勉強が出来なくても要領が良い(人生の生き方が上手な)友達がいたとしたら、その人の行動パターンを研究してください。

その人がなぜ学校では勉強が出来なかったのに、あんなに人生がうまくいっているのか、その本質を見るようにしてください。