独自ドメインを取得するには、ドメインレジストラーというドメイン名の登録申請を受けつける組織を通す必要があります。

ここでは私も使っているお名前.comというドメインレジストラーで独自ドメインを取得する方法を解説していきます。

独自ドメインの取得手順

on_01

インターネットブラウザーでお名前.comに行きます。取得したい文字列を検索窓に入力し、検索ボタンをクリックします。

on_02

検索結果が表示されます。取得可能なドメインにチェックが入っています。

on_03

欲しいドメインにだけチェックを入れて「お申し込みへ進む」ボタンをクリックします。

ドメインのオーナーを検索できる、Whoisというサービスがあります。Whoisで検索したときにあなたの情報が表示されてほしくない場合は「Whois情報公開代行」にチェックを入れます。この場合、Whoisであなたのドメインを検索したときにはお名前.comの情報が表示されるようなります。

Whoisで検索したときにあなたの情報が表示されても良い場合には、「Whois情報公開代行」にチェックを入れなくて良いです。

on_04

「次に進む」をクリックします。

on_05

お名前.comのアカウントを作成しますので、個人情報を入力しアカウントを作成してください。

on_06

申し込み内容を確認し、「規約に同意し、上記内容を申し込む」をクリックします。

on_07

手続きが開始されます。

on_08

完了しました。独自ドメインが取得できました。

まとめ

このようにドメインの取得はとても簡単にできます。ドメインは先着順ですので基本的には先に申請した人が先に取得できるようになっています。ですから独自ドメインの取得は早ければ早いほど良いです。

注意点

多くの.com(ドッドコム)ドメインは既に取得されていてとても取得しにくいですが、ハイフンを足したり、文字列を工夫したりしてなるべく.comで取得するようにしましょう。やはり.comドメインは認知度が高いので、オンラインでもオフラインでも覚えやすいという最大のメリットがあります。

安くても.info(ドットインフォ)で取得するのはなるべくやめましょう。.infoはそもそも安いのでスパムの温床になりやすい傾向があり、健全なサイトを運営するにしても.infoドメインを使っているというだけで敬遠される可能性があるからです。

あと、.jp(ドットジェイピー)ドメインで取得するのもなるべくやめましょう。なぜなら.jpドメインはそもそも年会費が高いということが挙げられます。また、日本語のみでサイトを作成する場合は問題ありませんが、個人的に複数言語でサイトを作成する場合に.jpドメインはgoogle.co.jpでは表示されやすいけれど、google.comには表示されにくいように感じます。つまり、.jpドメインは日本語でのサイト作りに特化しないと後々問題になる可能性があります。

このようなことから、独自ドメインは最初から.comドメインで取得するのが良いでしょう。どうしても欲しいドメインが取得できないという場合には、私なら仕方なく.net(ドットネット)ドメインを取得するようにしています。