サイトを作るには、独自ドメイン、サーバー、それとシステムの三点が必要です。

独自ドメイン

独自ドメインとは、http://の後に来る文字列の事です。

例えば、当サイトのドメインはgenxbeats.comです。

独自ドメインをリアルで例えるならば住所のようなものです。

住所が転々と変わったら新しく通知してあげないと連絡がつかなくなってしまうように、住所は一度決めたら変わらない方が良いものです。

その理由から、あなたの住所となる独自ドメインは長く使えるものにしましょう。

独自ドメインを取得するには、レジストラーという業者で取得する必要があります。

おすすめなのはお名前.comです。

お名前.comであなたが欲しいドメインを検索して、まだ誰にも取得されていなかったら、あなたが取得する事が出来ます。

ドメインの取得は基本的には早いもの勝ちなので、欲しいドメインが空いていたらなるべく早く取得しましょう。

ドメインは一年でいくらという形で料金が掛かりますが、これを払えないくらいならそもそもネットビジネスはやめた方が良いでしょう。

サーバー

サーバーは簡単に言うとネット上にあるパソコンであり、土地です。

あなたのパソコンをサーバーにしてサイトを立ち上げる事も可能ですが、そうなると世界中からあなたのパソコンに向かってアクセスがやってきます。

あまりセキュリティ的にも気持ちが良いものではないですよね。

その為、ネット上にサーバーという土地を借りて、そこにサイトを立てるわけです。

サーバーはピンからキリまであります。

最初は安いサーバーから始めて、アクセスが集まってきたら別のサーバーに引っ越すという事も可能ですが、面倒な場合は最初からパフォーマンスが良いサーバーを借りるという方法もあります。

値段の割にはまあまあ使えるサーバーとしてはCORESERVER.JPがあります。

ただ、こちらは多数のユーザーと共有するタイプのサーバーなので、時間帯によって表示スピードが遅くなったりするのがデメリットです。

私がこのサイトでも使っている一番おすすめできるサーバーはさくらのVPSですが、色々設定しないといけないのでCoreserverよりハードルが3段階くらい上がります。

あなたが出せる月額料金、欲しい品質、それと設定の難易度のバランスを考えてからサーバーを借りましょう。

システム

ページを手動で作り一個一個手作業でサーバーにアップロードしてサイトを公開する事も出来ますが、それはあまりにも面倒臭くて古いやり方です。

今はコンテンツの管理を楽にしてくれるシステムがあります。

おすすめはWordPressというシステムです。

無料であり、世界中のユーザーが使っている為拡張性が高く、ブログやサイトを作るには最適なシステムです。

WordPressをダウンロードして、借りたサーバーに一度インストールさえすれば、あとは記事をどんどんアップしていく事が出来るので直感的に使う事が出来ます。

まとめ

以上の三点を抑えれば、簡単にオフィシャルサイトを作成する事が出来ます。

サイトを作るなら早ければ早い程良いです。

今すぐにサイトを作りましょう。