初めてのサンプラーはハードウェアサンプラーから生まれました。

ハードウェアは実際に楽器のように演奏出来るのが大きなメリットです。シーケンサー機能もついているのでパソコンなしで音楽制作を完結させてしまうことができます。

関連記事:シーケンサーで曲を組み立てていく

代表的なハードウェアサンプラーはAkaiのMPCシリーズです。音楽制作専用なのでユーザーも多く、インターネット上のフォーラムなども充実しているので、情報収集にはあまり困らないと思います。

時代が変わると機材も変わる

しかし、近年メーカーはハードウェアだけで完結するスタイルよりもパソコンの力に依存するタイプのハードウェアサンプラーに注力しています。

代表的なのはNative InstrumentsのMaschineシリーズです。Maschineの特徴はハードウェアとソフトウェアが一つのパッケージになっていることです。

どういう意味かと言うと、付属のソフトウェア(Native Instruments製のDAWです)をパソコンにインストールして、ハードウェアの機材をパソコンにUSBケーブルで接続して使います。

つまり、パソコンがないと使えないんですね。

ハードウェアにはソフトウェアを自在にコントロールするために最適化されたボタンやフェーダーやパッドが付いていますが、ハードウェア単体では何も行う事ができません。

あくまでも処理はパソコン側のソフトウェアに任せてしまう事です。

まとめ

もしハードウェア型のサンプラーを購入を検討しているとしたら後者のMaschineシリーズの方が断然良いと思います。なぜならパソコンの大きな画面上で入力したMIDI情報を確認したり、後から修正したりする事も可能ですので、パソコン操作に慣れている人ならその方が楽に制作が出来ます。

逆に今の時代にMPCシリーズから始めてしまうと不便極まりないと思います。