音楽制作をするときは各楽器や声が占める周波数帯域を理解して、適切にハンドリングしましょう。

各周波数の特性

では、それぞれの周波数別にどのような特性を持っているのかを見ていきましょう。

20Hz~40Hz(Sub-Bass Frequencies/サブ・ベース帯域)

耳で聞くというより体で感じる帯域。この音域を発するにはサブウーハーの巨大なエネルギーが必要。

このゾーンはイコライザーのハイパスフィルターで必ず削りましょう。残しておくと、地割れのように音が割れます。

40Hz~160Hz(Bass Frequencies/ベース帯域)

主にベースの成分が含まれる帯域。

キックとベースの周波数がぶつからないように、そしてお互いにフィットするようにイコライジングすると良いです。

160Hz~300Hz(Upper-Bass Frequencies/アッパー・ベース帯域)

低音の輪郭を出す帯域で暖かさや音抜けを表現するのに重要な役割を果たす。

下げすぎると低音がぼやけてしまいます。

300Hz~800Hz(Low-Mid Frequencies/ロー・ミッド帯域)

音域のほぼ中心であり、多くの重要な音が含まれる帯域。

音の情報密度が濃いので、下げすぎると薄っぺらくなってしまう。

800Hz~2.5KHz(Mid Range Frequencies/ミッド・レンジ帯域)

中音域のアタック感を出す帯域なので、音の芯に必要な帯域。

下げすぎると、中音域がぼやけてしまいます。

2.5kHz~5kHz(Upper-Mid Frequencies/アッパー・ミッド帯域)

音のシャープネスを決める帯域。

上げすぎると耳にキンキンしますが、下げすぎるとシャープネスを失ってしまいます。

5kHz~10kHz(High Frequencies/ハイ・フリークエンシー)

多くの倍音(ハーモニクス)を含む帯域で音の華やかさやシャリシャリ感を演出する帯域。

削りすぎると音がこもってしまいます。

10kHz~20kHz(Ultra High Frequencies/ウルトラ・ハイ・フリークエンシー)

周波数が高すぎて音楽的にはあまり変化を感じない帯域。

あまり意識し過ぎなくても良いでしょう。