好きな曲を聴いているときに、このコード進行が知りたいなと思うことがありませんか。そういうときは、

mp3などの楽曲データからコード進行を読み取って表示してくれる機能を持ったiOSアプリを使えば大体のコード進行を知ることができます。

今回はコード進行を読み取って表示してくれる、二つの優良アプリを紹介していきます。

Yamaha Mobile Music Sequencer

一つ目はYamaha Mobile Music Sequencerです。

Section Editの画面にChord Assistというボタン(機能)があり、そこに行くと以下のような画面になり、iPhoneの中の楽曲を選択すれば、コード進行を読み取って画面上に表示してくれます。

表示された情報は合っているときもあれば、間違っているときもあるので、楽曲によっては相性が合う、合わないがあると言えますね。個人的には生楽器のように人間味が加味されている楽曲は読み取りにくい傾向にあり、ダンスミュージックなどの機械的な楽曲の方が読み取りやすい傾向にあるように見受けられます。ただ、これも曲によって全く違うので一概には言えません。ですから、とりあえずやってみると良いと言ったところでしょうか(笑)。

Yamaha Chord Tracker

二つ目はYamaha Chord Trackerというアプリです。

こちらもYamahaの製品ですが、同じ楽曲を通しても抽出結果が異なる場合があります。データの解析に使っているアルゴリズムが違うのかも知れませんね。ですから、同じ楽曲を両方のアプリに通してみて、内容の差を比べてみるという使い方もありです。

まとめ

どちらもコード読み取りの精度は完璧とは言えませんが、大体のコード進行を知ることができるという意味では重宝すると言えます。あくまでも抽出したコード進行の結果を目安とし、ここからはトライアル&エラーで完璧なコード進行を自分自身で探し出すことをおすすめします。

全く無の状態からコード進行を探り当てるのと、大体のコード進行を知った後に、そこからの続きを自分で探し出すのでは効率性が全く違います。21世紀ですから、便利な機能はどんどん使いこなしていくようにすると良いですね。

注意点としては、「Apple Music」などのDRMがかかった楽曲は読み込むことができないということです。それだけは覚えておきましょう。