音楽制作しているとファイルタイプの変換が必要になることがあります。

そのため、音楽のファイルを変換するときには何が起きるかを仕組み的に理解しましょう。

エンコード・デコードとは

エンコードは符号化ともいい、音楽を変換することを指します。例えばWavファイル(非圧縮ファイル)をmp3ファイルに変換することを「Wavをmp3にエンコードする」と言います。

デコードは復号ともいい、変換したファイルを元に戻すことを指します。例えば、mp3ファイルをWavファイルに戻すことを「mp3をWavにデコードする」と言います。

デコードではファイルを完全に元に戻せない場合がある

ここで挙げておくポイントとしては、Wavファイルを一度mp3にエンコードしたら、そのmp3ファイルをWavにデコードしたとしても完全に元に戻すことができないということです。mp3は不可逆圧縮と言って、人間には聞きにくい周波数をカットしてファイルサイズを圧縮する技術なので、Wavからmp3に変換する時点でカットされた周波数は永久的に失われます。Wavに戻したところで、元のWavファイルに存在していた周波数は蘇ることはありません。

しかし、Wavファイルをmp3ではなく、ALAC、FLAC、HD-AAC、mp3HDのような可逆圧縮と呼ばれるファイルにエンコードした場合は話は別です。可逆圧縮は不可逆圧縮とは違い、デコードしたときに元のWavファイルと完全に一致したファイルに戻すことができます。

ですから、ファイルを元に戻す予定があるけれどファイルサイズを下げたい場合には可逆圧縮のファイル形式にエンコードしておくと良いでしょう。ただ、可逆圧縮は不可逆圧縮に比べて圧縮率が悪いので、ファイルサイズを稼ぐという意味では効率が悪いです。

ベストの方法は人に配布するときは不可逆圧縮形式にして、元のWavファイルはあなたが持っておくことです。これをすることによって、リスナーは気軽にサイズの軽いファイルを所有することができ、あなたは元のWavファイルさえ持っていればいつでも別のファイル形式にエンコードし直すことができるのです。

エンコーダー・デコーダーが使っているコーデック(ソフトウェア)が音質を決める

エンコーダーとはエンコードすることができる装置のことです。また、デコーダーはデコードすることができる装置です。

エンコーダーもデコーダーもそれぞれの変換を行うためにはコーデックというソフトウェアを積んでいる必要があります。エンコーダーやデコーダーによっては積んでいるコーデックの種類が違うので、音質が異なってくる可能性があります。

例えばmp3エンコーダーが使っているコーデックにはLameMP3、Fraunhofer IIS、午後のこーだ、iTunes MP3 Encoderなどの種類があります。同じ設定にしてエンコードしても使っているコーデックが違えば変換方法が変わりますので音質が変わります。多くの人には音質の差が分からないと思いますが、波形が完全一致することはありませんので音質は実際には違うと言えます。