に投稿 コメントを残す

トラックメイキング中にマスタートラックにかけておくべきエフェクト

今回はビートメイカーが自分自身でミックスしていくときにマスタートラックにかけておくエフェクトを紹介します。

これをすることでミックス作業がとても楽になることでしょう。

マキシマイザー

まずはマスタートラックにマキシマイザーを「浅く」かけておくと良いです。なぜならマキシマイザーはかけるだけでオーディオのクリッピングを防ぐことができるからです。

マキシマイザーで音圧をあげる作業はあとで考えます。まずはマスタートラックに「浅く」マキシマイザーをかけて、クリッピングしない状態を作りあげましょう。

ミックスして、それぞれのトラックの音の粒を一通り揃えたら、最後にエクスポートする前に、浅くかけておいたマキシマイザーを先ほどよりも深くかけていくことで、エクスポートするファイルの音圧をきれいにあげることができます。

コメントを残す