ビートメイキング初期の頃、サウンドライブラリに付属しているドラムループを使って楽曲制作していた時期があった。

だからこそ言えることがあるんだけど、

「それはやめときな!」って話。

理由は簡単で、他の誰かと被る可能性があって、

そうなると、YouTubeのContent IDに引っかかる可能性があるから。

ビートメイキングをするときはContent IDに引っかからないように工夫すること!

だから、結論としてはドラムループは自分で組んだ方が良い。

Ableton LiveだったらDrum Rack、

Propellerhead ReasonだったらKong Drum DesignerやDrum Sequencerを駆使して自分で作ろう。

それだけでもContent IDに引っかかりにくくなる。