に投稿 コメントを残す

ドラムループは自分で組め!

ビートメイキング初期の頃、サウンドライブラリに付属しているドラムループを使って楽曲制作していた時期がありました。

だからこそ言えるのですが、

「それはやめときな!」ってことです。

理由は簡単で、ループが他の誰かと被る可能性があって、

そうなると、YouTubeのContent IDに引っかかる可能性があるのです。

YouTube Content IDに引っかかると非常に面倒です。

ですから、ビートメイキングをするときはContent IDに引っかからないように工夫するようにしましょう。

結論としては、ドラムループは自分で組んだ方が良いということです。

Ableton LiveだったらDrum Rack、

ReasonだったらKong Drum DesignerやDrum Sequencerを駆使して自分で作ってみましょう。

それだけでもYouTube Content IDには引っかかりにくくなりますから。

コメントを残す