ドラムキットを販売している場合等は良いのですが、

自分のトラックのドラムや上ネタだけを抜き出して、ループを作って、そのループを顧客に販売している場合は、それらのループをYouTube Contents IDに入れることはおすすめしません。

なぜならそのループを購入した人がループを使って作品を作り、YouTubeで動画を公開したら、その動画がContents IDシステムによって動画がフラグされてしまうからです。

そして、その動画をアップした人達は異議申し立てをする可能性がとても高いからです。

Airbit内のFAQにも注意書きがありました。

Can I Monetize Loops/Sounds I Sell In Sound Kits?

If you are creating loop kits from beats you sell, any matches made for loop usage will be released, and if the majority of matches being made are because of the loops being used, we may remove you from the program without warning.

https://support.airbit.com/article/208-can-i-monetize-loops-sounds-i-sell-in-sound-kits

とあります。

販売しているビートの中からループキットを作成している場合、ループが使用されたことが検知されたマッチはすべてリリースされます。マッチの大部分がこれらのループによるものである場合、警告なしにContents IDプログラムから抹消される場合があります。

と。

つまり、自分のビートで使っているドラムやサンプルループをループ単体でYouTube Contents IDに登録すると、ループ購入者にも迷惑がかかるし、AirbitのContent IDプログラムからも追放されてしまう可能性が高まります。

したがって、YouTube Contents IDに自分の作品を登録したい場合は、「フル尺のビート」だけにしておきましょう。