ブログやサイトを始めると、どうしても最初にぶつかってしまう壁があります。

それは「ネタ切れ」です。

書くことがなくなってしまうのです。

このとき、書くことがなくなってしまったからといって絶対にやらないように気をつけてほしいことがあります。

それは、あなたの音楽活動に関係ない話を書いてはいけないということです。

例えば、今日遊びに行った場所や今日食べた晩御飯など、音楽活動に直接結びつかない記事は絶対に書いてはいけません。

このような記事は身内にとっては面白いことかも知れませんが、サイト訪問者にとってはどうでも良いことだということを知っておきましょう。すぐにページを離脱される原因となります。

これをやって良いのは芸能人だけです。

言うこと全てがあなたのブランディングに関わることを覚えておこう

どうでも良い話をしてはいけない理由はただ単にページを離脱されてしまうからではありません。

あなたが配信すること一つ一つがあなたのブランディングにつながるから言うことに気をつけましょうということです。

サイト訪問者にはあなたに「これからも応援したい音楽家」として認知してもらいたいわけですから、そう思われるような活動内容や音楽を全面に押し出していかなければなりません。

あなた独自のブランドを作り上げたいなら、一貫性を持って、必要な情報だけを配信するようにしてください。

関連記事: アーティストのためのブランディング101

いままでせっかく応援されていたのに、「おバカ」な記事を一つアップしたことによって、そのコアなファンが去ってしまったということにはならないようにしましょう。

まとめ

書くことがないときは、書くことができるまで余計なことは載せないようにしましょう。

書くことがどうしてもないのなら、足をどんどん動かして、活動内容を増やすことに専念することです。音楽をどんどん作りながら、活動内容を記事更新のネタに使っていくのが良いでしょう。