トラックメイキングをするソフトウェアを探すときにフリーウェアに走るのはやめましょう。

フリーウェアが良くない理由

では、フリーウェアに走ってはいけない理由を説明していきます。

使いにくい要素がある

何事もそうですが、フリーで使えるソフトはそもそも使い勝手が良くなかったり、広告がついていたり、スパイウェアが入っていたり、何かしら使いにくい要素が必ず存在します。

私が現在フリーウェアで使っているものは波形編集ソフトのAudacityとオーディオルーティングソフトのSoundFlowerぐらいです。

それ以外のメインのソフトウェアは全て有料のものを使っています。

投資する思考がないと上達が望めない

音楽をしたいのなら、「投資する思考」が必要になります。私の経験上、有料ソフトを購入するのが上達する一番の近道です。初期投資を行って、「必ず元を取ってやるぞ!」という決意が絶対に必要なのです。

この決意があるかないかの違いほど大きいものはありません。この決意があれば、どんな壁に当たってもくじけずに上っていけます。この決意がなければ、簡単に諦めてしまいます。

ですから、何万円もするソフトを購入すると決めたら、そのソフトを購入する為にお金を貯めてください。飲み会や友達に会う回数を減らせばいつか必ず貯まります。

お金が貯まったら、躊躇する事なくそのソフトを購入し、使いこなす努力をしてください。

まとめ

せっかくお金を貯めて買うと決めたのだから元を取れるように、作品を作っていってください。最初は雑でも何でも良いから始める、とにかく行動する、という思考になる事が大切です。ソフトを買った事に満足するだけではいけません。関連した記事で、形から入るのは禁止!雑でも良いから行動しよう、も併せて読んで頂くと良いと思います。