に投稿 コメントを残す

コンテンツID回避術 – ロイヤリティーフリーループは使わない

ビートをリリースする時に気をつけた方が良いポイントを紹介します。

それは何かというと、

「DAWに付属しているフリーのサウンドライブラリやSplice等の音源は使うべきではない」ということです。

例えば、Reason Studiosを買ったら、ドラムループやギターリフ、サウンドライブラリにたくさんのロイヤリティフリー「ループ」が入っているんですが、

それらの音は使わない方が良いです。

なぜかというと、YouTubeのContent IDに引っかかるのを回避したいからです。

Content IDは、YouTubeに上げた動画の音をスキャンして、著作権を侵害している音がないか、自動的に確認するシステムなんですが、このシステムが非常にやっかいなんです。

本来、フリーのサウンドライブラリの中のループファイルは誰でも無料で作品に使って良いはずなんですが、そのフリーのサウンドを使って誰かが先に作品を作って、メジャーレーベル経由でその作品をリリースしたとしたら、

YouTubeのContent IDがそのサウンドライブラリの著作権はこのメジャーレーベルが持っているものとして誤認識しちゃうこともあるわけです。

すると、誰か同じサウンドを使う人が出てきた時に、いつか必ずContent IDに引っかかるわけです。

すると、自分の作品でマネタイズができなくなってしまい、

収益はそのメジャーレーベルに支払われ続けるようになってしまうんですね。

タチ悪いです。

誰でも使って良い「ロイヤリティーフリー」の音を使っているだけなのに、他人の著作権を侵害しているとAIに言われてしまうわけです。

さらに困ったことに、YouTubeのContent IDの管理画面はメジャーレーベル等の大きい会社だったり、大きなディストリビューターしか直接いじれないようになってる。

個人だとYouTubeのContent IDの管理画面へのアクセス権の申請をしても、審査が通りにくいです。

間違ってフラグが立ってしまったとしても、管理画面に入れないこともあります。

YouTube Studioの画面から異議を申し立てることはできますが、該当のレーベル、または著作権管理団体が「あなたがアップロードした音楽には私達が著作権を保有しているサウンドを使っている」と言い張ってしまえば、Copyright Claimが消せないんです。

YouTubeにメールで報告しても無視される可能性が高いです。

つまり、自分の作品をリリースしているだけなのに、他人にお金が入り続けてしまう事態になってしまうということです。

そういう意味で、YouTubeのContent IDに誤判定されてしまうと非常にやっかいなのです。

だからこそ、YouTubeのContent IDに引っかからないように、完全自作のビートを作った方が賢明だと言えるわけです。

コメントを残す