多くの波形編集ソフトにはCrop(クロップ)という機能が付いています。

波形の必要な範囲を選択した後に、クロップボタンを押すとその選択した部分以外の部分が削除され、波形の必要な部分だけが残るということです。つまり、クロップを駆使すれば自作のループを制作することが可能なのです。

では、Audacityという波形編集ソフトでどのようにループを作っていけば良いのかを解説していきます。

ループを作る手順

オーディオをAudacityで開きます。

抜き出したいところを大まかにハイライトします。

TransportからLoop Playを選択します。

繰り返し再生されますが、きれいなループにはなっていないので、再生時に「プチッ」と音が途切れることが分かります。波形にズームインしてみるとフレーズの始まりの部分が中途半端な位置になっていることが分かります。

フレーズの始まりを波形のアタック(音の立ち上がり)部分に揃えます。

フレーズの終わりの部分も中途半端な位置になっていることが分かります。

フレーズの終わりの部分を次のアタック部分の直前で区切るようにします。ループを再度再生し、「プチッ」と言わなくなるまで調整します。フレーズの最初の部分が悪さをしている場合、最後の部分が悪さをしている場合、両方の部分が悪さをしている場合があるので、丁寧に範囲選択しましょう。

ゼロクロスポイントと言って、ちょうど「プチッ」と言わなくなるポイントは必ず存在しますが、そのポイントを探すのが難しい場合は波形をさらにズームインしていって、ミリ秒単位でコントロールしていくと良いでしょう。

もしどうしてもゼロクロスポイントが見つからない場合はEditから”Find Zero Crossings”を選択してください。すると、選択開始位置と選択終了位置が自動的に最寄りのゼロクロスポイントに合わせられます。(自動で合わせる機能なので間違える場合もありますのでなるべく手動でやった方が良いでしょう。)

完成したら、赤枠のTrimボタンをクリックします。

オーディオがクロップ(トリミング)されました。この波形を保存します。

まとめ

このように自作のループが作れるようになると、音楽制作の幅が大きく広がります。ループミュージック制作型のソフト(Ableton LiveやSony Acid Pro)に取り込んでループミュージックを作ることもできますし、MIDI制作型のソフト(Native Instruments MaschineやIntua Beatmaker 2)のパッドにアサインし、フレーズをチョップして好きなフレーズに組み替えていくこともできます。