に投稿 コメントを残す

「誰よりも先にContent IDに自分の作品を乗せれば良いじゃん」ではダメ

今日はビートをリリースする時の注意点の続きを書いてみます。

誰よりも先に自分の作品をContent IDに乗せれば、自分がオリジナルだと認められるから、そうしたらContent IDの管理画面に入れなくても大丈夫じゃんと思うかも知れませんが、それだと上手くいかないことが多いです。

なぜならビートを販売している時点で、ユーザーに対してビートの使用を許可しているわけですから、ビートを介して利益を上げることを許可しているということだからです。

それなのに、自分がContent IDにビートを先に乗せてしまうと、ユーザーがあなたのビートを購入して、あなたのビートを使って作品を作り、YouTubeに乗せたら、ユーザーはその動画からマネタイズができなくなります。

むしろ、広告のレベニューはあなたに入ってきてしまうようになります。

そうなると、ビートを販売しているのに、ユーザーはマネタイズができないという状態になってしまうし、本末転倒です。

(ホワイトリスト機能を使って、個別にユーザーをホワイトリストに追加してあげるという方法がありますが、個人レベルでは管理画面へのアクセス権は審査が通りにくいです。となると、アグリゲーター経由で毎回ホワイトリストを管理しなきゃいけなくなるので、個別にユーザーのホワイトリストを管理していくと、次第にアグリゲーターと膨大なやり取りが必要になってくるようになります。つまり、長期的にはサステイナブルではないソリューションです。)

クリエイティブコモンズライセンスなどを通して無料でビートを配布している場合も同じです。

「クリエイティブコモンズライセンスにのっとって配信すれば、無料でビートを使ってマネタイズして良いよ!」と自分は意思表示しているのにも関わらず、

自分がContent IDにビートを先に乗せてしまうと、ユーザーがあなたのビートを使って作品を作ってYouTubeに乗せた時点で、ユーザーはその動画からマネタイズができなくなります。

するとユーザーから「このビート、無料で配信OK!とか謳ってるのに、結局無料じゃないじゃん!」と思われることになります。

いずれにしても、ビートを配信する側が先にContent IDにビートを乗せるのは、あまりスマートだとは言えません。

早く、誰しもがContent IDを上手くコントロールできる日が来ることを願っています。

コメントを残す